ファスティングダイエットをしようと思い立ったのは、30代後半になって、体重が簡単には落ちなくなってしまったからでした。

少しご飯の量を減らして、少し運動をしたくらいでは、まったく体重はびくともしません。

それと同時に、ファスティングには体内を清浄する作用もあると聞き、若いころよりも確実に疲れやすくなった体が少しでも元気になればいいな、とも思い、実施にいたりました。

私が実践したファスティングの方法

完全に断食する期間は金・土・日と週末を入れた3日間としました。

もう少し長くしたいような気もしましたが、無理は禁物だと思いましたので。

ファスティングの5日くらい前から、少しずつ脂っこい食べ物を控えたり、食べる量を減らしたりして、断食へ備えます。

前日の晩は本当に軽く済ませました。

当日用意したものは、酵素ドリンクのみ。

ネットで調べて、評判がいいもの、信頼できそうなものを選びました。

そのほかに口にするものは水のみです。

1日目のファスティング

1日目は、まだやる気も十分あり、朝と昼は酵素ドリンクと水のみで特に困ったことはありませんでした。

仕事をしているので、お昼は外へ買い物に出かけ、同僚がご飯を食べている姿を目にしないようにしました。

夜になると、さすがにお腹が減ってきます。

帰宅時に飲食店の前などを通るのですが、そのいい香りに誘われて、危うくお店に入ってしまいそうになりました。

が、何とか気持ちを奮い立たせて帰宅。

子供たちの晩御飯を準備する勇気はなかったので(うっかり味見などしてしまいそうで)子供たちは実家に預かってもらいました。

夫には、外食するよう頼みました。

2日目のファスティング

2日目は、朝からお腹が鳴りまくって大変でした。

酵素ドリンクを飲んでも、水を飲んでも、全然お腹がいっぱいになりません。

何だかフラフラとめまいがするような気がしました。

朝の酵素ドリンクを飲んだら、昼の酵素ドリンク、昼の酵素ドリンクを飲んだら、夜の酵素ドリンクが待ち遠しくて、ほとんど寝て過ごしました。

そうしないと、時間が経つのが異常に遅いし、うっかり足を台所に踏み入れようものなら、一気に食べ物をドカ食いをしてしまいそうな気がしたからです。

2日目は本当につらかったです。

3日目のファスティング

3日目になると、空腹の峠を完全に乗り切って、逆に何も感じなくなってきました。

2日目は体的にも精神的にもとてもだるかったのですが、3日目は何だか体が軽いのです。

食べ物への執着も、2日目ほどはなくなってきました。

明日には何か口に入れられる、そういう気持ちも大きかったのかも知れません。

酵素ドリンクと水しか入ってこないのにも体が慣れたのか、不思議とお腹がグーグーなることも減りました。

3日間のファスティングが終わると、また5日ほど復食期間を設け、ゆっくりと食べ物に体を慣らしていきました。

3日間のファスティングで減った体重は、3.5kgでした。

3日間でこんなに減ることは年齢的に絶対にありえないので、結果としては大満足でした!

ファスティング後の感想

つらかったのは2日目だけで、あとはスムーズにいったと思います。

ただ、それは家族の協力があってのこと。

子供は実家に泊まりにいってもらい、夫にはすべて外食をお願いしました。

家族のご飯の支度などがあれば、もっとつらかったかも知れないし、途中で挫折してしまっていたかも知れません。

後日談ですが、減った体重は1ヶ月も経たず元に戻ってしまいました。

食べすぎには十分注意していたつもりでしたが、じわりじわりと積み重なり、3.5kgなんてあっという間でした。

やはり短期間、しかも食事制限のみで減らした体重は、すぐに戻ってしまうものなのかも知れません。

酵素ドリンクもいい値段がしましたし、実際3日間は楽ではなかったですし、家族にも迷惑をかけてしまったのに、リバウンドしてしまうとは、本当に情けなかったです。

体調はしばらくよかったので、その点では無駄ではなかったのかも知れませんが、金銭的なことと周りへの影響を考えると、私はファスティングを周りの人に勧める気にはなれません。

後日の管理が徹底的にできるのであれば、もしかすると一番短期間で体重を落とせる方法なのかも知れませんが。