年齢が上がるにつれて、ウェイトコントロールが難しくなってきました。

ジムに通おうにも仕事が忙しくなってくると週に二回が精いっぱい…。

なかなか思うようにトレーニングもできず、勤務先が少し離れたところに移転してしまったことでますます時間が圧迫されて、自分のことに構う余裕がなくなってきました。

そうなるとやはり身体は重くなります。

運動不足だけでなく、食べることでストレスを晴らそうとしてしまう心理状態はやばいな、と思うまでに。

受験期の息子らを含む家族と一緒に食べる食事はせめてちゃんとバランスのとれたものを作らなければ、と思って頑張ったのですが。

その時に自分が食べる品目や量を考えてダイエットを心がけても、20~30代のような効果が見られなくて、だんだんやる気が失われてしまったのです。

ジムで教えてもらったグリーンスムージーダイエット

ジムでプログラムの合間にそんな話をしていたら、30代のピラティスのインストラクターさんが「グリーンスムージーを飲んでみたら?」と教えてくれました。

その時に初めて『スムージー』というものを具体的に知ったのです。

家にフードプロセッサーがあればすぐにできるよ、と言われたグリーンスムージーとは、小松菜やホウレン草、レタスなどをベースにして、バナナやトマト、パイン、オレンジ、季節によっては巨峰やイチゴなどのフルーツも入れて、少しお水を足して粉砕し、飲む、ただそれだけの簡単なダイエット法でした。

「インターネットで調べたり、レシピ本を一冊買ってみて組み合わせを覚えると楽しくなりますよ」という事だったので、帰りに書店で何冊かチェックし、美味しそうに見えたものを購入、そのままスーパーでいろいろな野菜とフルーツを買って、さっそく始めてみたのです。

インストラクターさんが教えてくれたやり方では、スムージーを飲むときにはその前後40分には水かぬるま湯だけ以外は摂らないようにする、ということです。

そうすることによって、スムージーの中の成分がより効果的に体に吸収される、というのです。

食事の40分前にそれを飲み、落ち着いてから、いつもと同じように食事をする、というのです。

スムージーを飲むことでお腹が膨れるから、食事は自然と少なくなるし、40分の縛りの間は水しか飲まないから、不思議と間食する機会が減るんだよね、というのも魅力でした。

実際にはじめてみると結構むずかしい

すなおに面白そうだなぁ、と思って試し始めたのですが、しかし、これはフルタイムで働いていると続けるのが難しい。

美味しいのだけれど、その40分の縛りを考えると、実践し続けられるかなぁ、と思ったのです。

せっかく材料を買ってあっても、持て余したら勿体ない。

野菜も果物も、毎日のことだとそれなりのお値段にはなりますので。

「今、コンビニでも並んでるよ。作りたてと全く同じかは微妙だけど、時間のことでイライラするならそっちと組み合わせてみても良いんじゃない?」

私がフードプロセッサーを片付けながら愚痴ったら、高校生の息子が言うのです。

翌日、出勤前に会社のすぐそばにあるコンビニに寄ったら、その自社ブランドやフルーツドリンクを扱っているメーカーのものなどがたくさん並んでいました。

グリーンだけでなく、レッドやイエローなど、それぞれの特性を表す写真付きのカップに入って、ストロー付きという便利さです。

これなら、デスクで飲んでいるコーヒーと同様に、ランチの一時間くらい前からも飲めるし、おやつに甘いものを食べたりするならこれで代用もできる!と思いました。

早速同じシリーズで違う味のものを三本ほど購入して出勤、その日から試すようになったのです。

そしてグリーンスムージーダイエットの気になる効果は…

まるで、人体実験のようでした。

まずお通じが良くなります。

野菜の繊維をそのまま粉砕してお腹の中に入れるので、栄養を吸収した後のそれが見事に腸をお掃除してくれる感じでした。

そのせいか、一週間ほどで体重が一キロ減り、腹筋運動をしたときの感触が変わってきました。

それから、これが一番驚いたことですが、味覚が変わります。

半月後くらいに「あれ?」と思ったのですが。

私はもともと紅茶やコーヒーが大好きで、特にお茶はいろいろ用意していて、常にカップに入れて身近において飲むタイプでした。

ですがスムージーを飲むようになって、小腹が空いた時のおやつ代わりに飲んでいたら、お茶の味が強くてあまり美味しく感じられなくなってきました。

同様にチョコレートや他の甘いお菓子にも同じような反応があり、口にする機会が減って、恐らくそれで摂取カロリーはするすると減っていったのだと思います。

体重は順調に減っていく

そんな複合要素もあるのか、ひと月で二キロ減。

これは運動しても他のダイエットをしてもなかなか出せなかった数字なので嬉しくなりました。

また、家でも出来る時には自分で作るスムージーも含めて続けていたのですが。

同じ野菜を使ってサラダや温野菜を作る機会が増えたら、息子たちのニキビが減りました。

効果が早かったのは、彼らの細胞が若いから反応が早かったのだと思いますが、それを後追いするように私の肌もだんだん改善されて、キメが整い、色が白くなってきたのです。

シミやそばかすも薄くなってきて、これは化粧品では出ない効果だなぁと思った次第です。

そんな感じで今でもゆるーくスムージー生活を続けています。

家での食生活は、メニューなどはそれ以前とあまり変わらず、また、スイーツも食べることがあっても、味覚が鋭くなったのか、量より質という感じでドカ食いなどもないので、体重は増えません。

コンビニの棚のスムージーは種類が増えたり期間限定があったり。

時々種類を変えながら毎日職場にもっていっていたら、周囲には仲間も増えました。

効果もばっちりです。

体重は極端に減ることはありませんが、増えてイラっとすることもなく。

総合的にとてもヘルシーな状態なので満足して継続中です。